健康診断の管理システムを選ぶ時にはセキュリティ面にも注目しよう

健康診断管理システムの存在意義は何か

近年、企業には従業員の健康管理という事も求められています。世間の目という事はもちろん、労働安全衛生法でも従業員の健康を守るため、定期的な診断を受けさせるという事が制度的にも定められています。さらに近年では特に身体の健康の他にも、ストレスチェックや面接などによる精神面の健康管理も義務化されるなど、その存在が重要視されています。身体面や精神面の様々な診断結果をデータ化し、人事情報などと紐づけて一元管理するために必要なのが健康診断管理システムになります。このシステムには、先述の一元管理などといった他にも、個人の診断のスケジュール管理や特定保健指導者や過重労働者を発見するなどといった役割もあります。

システムを選ぶ時にはセキュリティ機能を確認しよう

システムを選ぶ際に見るポイントは色々ありますが、その中でもセキュリティ機能が充実しているかという点は特に重要視しておきましょう。このシステムは、単に個人の健康診断の数値だけではなく、その人の持つ持病や定期診断により発見された症状などのデータも管理します。さらに、人事システムなど他のシステムと連携しているなどという場合には、健康診断管理システムを経由して人事システムなどの会社の中枢のシステムなどに不正アクセスされてしまう恐れもあります。こうした危険を未然に防ぐためにも、システムを選ぶ際にはしっかりとしたセキュリティ機能や、24時間体制のカスタマーサポートがあるかなどの点を重視する必要があります。

具体的にどのような機能があれば良いのか

では、セキュリティ性能が高いとされるシステムには、一般的にどのような機能が付いているのでしょうか。まずはログイン管理機能です。これは、いつ、誰がシステムにログインしたかが一目でわかる機能です。中には、ログインした人物の名前と日付が自動的に記録される機能があるシステムもあります。次に、アクセスコントロール機能です。例えば、システムの管理者以外は閲覧出来るページが制限される設定が可能なものなど、閲覧出来る人間を制限して、何かあった時に備えるという機能も必須と言えます。他には、SSL暗号化という機能が付いているかもよく見ておきましょう。外部からの不正なアクセスがあった場合、SSL暗号化されていれば、データなどの盗み読みが非常に困難になります。そして、先ほども少し触れたサポート体制です。システムトラブルの際以外にも、操作方法が不明な場合などにもこのサポート体制の充実している所は非常に役に立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

    関連記事はありません